透明すぎぃ!佐賀県・呼子のイカが美味しすぎた件

f:id:nekokosyan-918:20180401180253p:plain

こんばんは!

ねここしゃん<banbanuwa>です。

 

昨日、イカで有名な佐賀県唐津市呼子に行ってイカを食べてまいりました。

 

 

 海中魚処 萬坊

f:id:nekokosyan-918:20180401193912j:plain

訪れたのは有名店「海中魚処 萬坊」

イカで有名なのにマンボウ。素晴らしいセンスです。

アクセス

住所 847-0304 佐賀県唐津市呼子町殿ノ浦
電話 0955-82-5333

外観

f:id:nekokosyan-918:20180401194058j:plain

こちらのお店、なんと海の上に浮かんでおります。

f:id:nekokosyan-918:20180401194222j:plain

陸と海に浮かぶ店内をつなぐ通路を渡り店内へ入ります。

 

店内

f:id:nekokosyan-918:20180401194809j:plain

訪れた時間帯は昼下がりでしたが店内は賑わっていて40分ほど待ちました。

f:id:nekokosyan-918:20180401194938j:plain

案内されたのはこのような席でした。

こちらの席は洋風でしたが、畳の座敷の席もありました。

 

呼子イカ

f:id:nekokosyan-918:20180401195116j:plain

注文したのは人気NO.1の「いかコース」

f:id:nekokosyan-918:20180401195407j:plain

 イカを使った料理がコースで次々と出てきました。

小鉢の次に出てきたのがこちら。

f:id:nekokosyan-918:20180401195553j:plain

有名ないかしゅうまいですね。

f:id:nekokosyan-918:20180401195648j:plain

「萬坊」はいかしゅうまい発祥のお店だそうです。

 

イカは生のままでは水揚げしてから1日も持たない繊細な魚介で季節や天候によって、どうしても余ってしまう事もありました。

しかし、余ったからとはいえ海が育んだ生命をこのまま無駄にはしたくない、イカから新たな製品を生み出そうと、萬坊の料理人は新たな商品作りをはじめました。
来る日も来る日も、数え切れないほどの試作を重ねていたある日、地元の漁師が固いイカの身をフードプロセッサーでいともたやすくすり身にしているのを目の当たりにし衝撃を受けました。当時、イカのすり身はすり鉢で作るもので、非常につぶしにくいものだったからです。漁師からヒントを得て、イカのすり身をつかった和食の「しんじょ」のようなものを思いつき、いかしゅうまいの原型となるものが出来ました 

※萬坊公式サイトより引

 

いかしゅうまい、初めて食べましたが美味しかったです。

酢醤油とからしをつけて食べると最高ですね。

 

そして、

f:id:nekokosyan-918:20180401200200j:plain

メインのイカの活き造り!

f:id:nekokosyan-918:20180401200347j:plain

なんと透明なのでしょうか。向こうが透けて見えます。

活き造りですので箸でつつくとまだウニョウニョ動きます。

 

食感はコリコリしていて新鮮そのもの!驚くほどに臭みがありません!

 

f:id:nekokosyan-918:20180401200825j:plain

 

身を食べ終えると店員さんがやってきて「姿」と「下足」を天ぷらにしてくれます。

天ぷらの他にも「煮付け」「刺身」にすることができます。

 

f:id:nekokosyan-918:20180401200927j:plain

 

いやもうこの天ぷらが最高すぎて・・・。

塩つけて食べるともうご飯が止まりません。

揚げたてということもあり、このコースの中では一番僕は気に入りました。

 

終わりに

初めて食べた呼子イカ最高でした!

獲られてから時間が経ったイカは白っぽくなりますが、呼子イカはその新鮮さからむっちゃ透明!

臭みが全くないのでイカがちょっと苦手という人でも印象が変わるかもしれませんよ。

 

特に揚げたてのイカの天ぷらは絶品。

イカで有名な佐賀県呼子へ是非行かれてみてはいかがでしょうか!?

 

www.manbou.co.jp