早起きしたら仕事が捗った話

f:id:nekokosyan-918:20180402232932p:plain

おはようございます!

ねここしゃん<banbanuwa>です。

 

みなさま突然ですが「早起き」って得意ですか?

ええ、ぼくは死ぬほど苦手です!

 

毎朝死にたくなってます

f:id:nekokosyan-918:20180402233310j:plain

仕事の日の朝ってなんであんなに憂鬱なのでしょうか。

別に特段仕事が嫌とかそういうわけではないのです。

 

 

 

 

 

 

 

ただただ眠いんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと10分でいいから寝たいんです。

 

 

 

 

 

 

 

ただただ寝たいんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎朝、「ああこんな早起きするくらいなら死にたい」と本気で思っています。

月に20回、年間240回は「早起きするくらいなら死にたい」と思っています。

死にたいと思いすぎにもほどがあります。

 

こんなバカげた思考回路になってしまうのもすべて睡魔。睡魔のせい。

 

なにが言いたいかというとそのくらい早起きが苦手なのです。

 

遅刻ギリギリに出勤

f:id:nekokosyan-918:20180402234316j:plain

そんなぼくの出勤はいつも遅刻ギリギリ。

基本8時出勤なのですが起きるのはいつも7時40分。

バタバタと起きて着替えて歯磨いて顔洗ってすぐに家を出る生活。

職場まで自転車で10~15分くらいかかるのでタイムカードを押すのはいつも7時58分とか59分。

 

こんな生活を続けていながら、一応いままで遅刻は一度もしたことありません!(よくしなかったなと思います)

 

このままじゃいかん

さて、4月に入り新年度が始まりました。

 

 

 

 

このままじゃいかん!

 

 

 

 

ということで気分と生活をあらためよう!と決意し「早起き」をすることにしたんです。

具体的には、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7時40分に起きていたのを7時20分に起きるようにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこ。なにか言いたいことでも??

他人にとっては小さな20分でもわたしにとっては大きな20分です。

今までの生活を変え20分早く起きるとはわたしにとって至難の業なのです。

 

しかしながら20分早く起きるということは20分職場に早く着けるということ。

 

思えば新入社員の頃は始業開始の30分前には職場に着いて仕事をする準備をしていました。

ということで、当時のフレッシュな気持ちを思い出しつつ、いつもより20分早く職場へ行く生活をスタートさせました。

 

むっちゃ仕事捗った

さて20分職場に早く着くとどうなるか。

 

まず心に余裕ができます。

いつもバタバタと59分にタイムカードをきりバタバタと仕事を始めるので常に心がせわしない感じがしていました。

 

しかし職場に早く着くと、始業開始まで余裕があるのでゆっくりと着替え、事務作業なんか済ませて、なんなら朝コーヒーなんかも飲めてしまいます。

 

なんとも穏やかな気持ちで仕事を始めることができます。

そして穏やかな気持ちで始めた仕事はむっちゃ捗ります。

 

いかに今までの自分が余裕がなかったが分かりますね。

 

早起きを習慣づけます

20分早く職場に着くことで仕事が捗ることは分かりました。

ということでこの「早起き」を習慣づけることをここに宣言します。(自分にプレッシャーをかけていくスタイル)

 

 

そして今後はさらにもうちょっと早起きして、

朝に家でもっとゆっくりできるように、朝ごはんしっかり食べて、なんならブログを書いたりなんかできるくらい余裕のある生活を目指したいと思います。

 

今後、定期的に報告していきたいと思います。

(報告がなかったら習慣づけに失敗したと思っていただいて結構です・・・)