スタバが好きなのか、スタバにいる自分が好きなのか

Hatena Instagram

f:id:nekokosyan-918:20180404103227p:plain

こんにちは!

ねここしゃん<banbanuwa>です。

 

突然ですが、みなさんスターバックス好きですか?

あの意識の高い人たちが行きつくコーヒーショップです。(偏見)

 

スタバに毎週行ってます

f:id:nekokosyan-918:20180404103743j:plain

そんなことを言いながら、わたしの休日はまずスタバに行くことから始まります。

近所のスタバが8時オープンなので、ほぼ開店と同時に入店し読書や事務仕事を行ったりしています。

だいたい平均2~3時間はスタバでゆっくりとした時間を過ごしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

絶妙に意識が高いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分でも分かっています。

しかし平気で2~3時間過ごしてしまう「スタバの居心地の良さ」というのは他のコーヒーショップには類を見ません。

 

スタバの居心地の良さ

さてスタバってなんであんな居心地いいでしょうか。

店内の雰囲気

やはりこれは大きいですね。

大きなソファと絶妙な照明で何時間でもいられてしまいそうな店づくりがされています。

フレンドリーな接客

これも僕がスタバが大好きな理由の一つです。

スタバは会社としてフレンドリーな接客というのを行っています。

スタバには接客マニュアルというのがありません。

 

グリーンエプロンブックに書かれている5つのキーワード
1.歓迎する(BE WELCOME)
2.心を込めて(BE GENUINE)
3.豊富な知識を蓄える(BE KNOWLEDGE)
4.思いやりを持つ(BE CONSIDERATE)
5.参加する(BE INVOLVED)
 
荒田 雅之「スターバックスの感動サービスの秘密」、ぱる出版、2010年、16ページ

新しく入った店員には、このような「グリーンエプロンブック」という手帳が配られます。

店員各々が「お客さまのために何ができるか」というのをこの信条に基づいて考えながら動いているのですね。素晴らしいです。

 

わたしは本当にスタバが好きなのか

さてここまでスタバの魅力を書いておいてなにを言い出すのでしょうかわたしは。

しかし休日にスタバに行くたびにわたしの頭の中に引っかかっていることがあるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「おれ、本当にスタバが好きなんかな・・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

「スタバにいる自分に酔ってるだけちゃうんけ・・・?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうです。

同じ悩みを抱えている人いませんか?(大袈裟)

 

コーヒー高くない?

批判をしているわけではありません。

結局わたしのようなバカ舌にはスタバのコーヒーと自販機の缶コーヒーの違いがわからないんですね。(

 

だったら

「おれは高いお金払ってスタバにいくより缶コーヒー飲んでりゃ充分でね?」

と考えてしまうんです。

 

フードメニュー高くない?

スタバにはフードメニューもあります。

すべて美味しくてオシャレで大好きなのです。

わたしがスタバに行くのは朝食も兼ねているので、いつも来店したときはコーヒーと一緒にフードメニューも注文します。

そのフードメニューを注文しながら、ふとこんなことを考えてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すき家でよくない?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタバのフードメニューは400円~500円くらいが相場。

500円あればすき家で牛丼並盛食べられてしまいます。

スタバでなんかよくわからんトルティーヤみたいなやつに500円払うなら(批判しているわけではありません)、すき家で牛丼食ったらよくない?と思ってしまったんです。

 

でもやっぱりスタバに行きたい

コーヒー高いしフードメニューも高いけど、

 

 

 

 

 

 

 

 

おれはやっぱりスタバに行きたいんや!

 

 

 

 

 

 

 

味分からないけどコーヒー美味しいし!フードメニューも高いけどおいしいし!

店内もインスタ映えするし!店員もやさしくてかわいいし!!

 

おれはスタバが大好きや!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局、スタバが好きなのか、スタバにいる自分が好きなのか、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結論:スタバもスタバにいる自分もどっちも好き