英語ペラペラ!人気Youtuberカリスマブラザーズを徹底分析!

f:id:nekokosyan-918:20180716014712p:image

UUUM所属の3人組Youtuber「カリスマブラザーズ」

「カリブラ」の愛称で親しまれ、チャンネル登録者数113万人(2018年8月現在)を誇る人気Youtuberです。

 

アメリカ・シアトルで結成されたというちょっと珍しい経歴を持ち、

日本に拠点を移してからも、ティーンズを中心に絶大な人気を誇っています。

 

今回はそんな「カリスマブラザーズ(以下カリブラ)」の魅力を徹底分析したいと思います!

 

これを読めばカリブラが一体どんなYoutuberなのか、なんで人気があるのかが丸分かりですよ!

 

 

カリスマブラザーズとは

2014年12月16日にYoutubeチャンネルを開設。

チャンネル開設当初から日本に拠点を移す2017年6月まで、シアトル在住の留学生でした。

他の日本人Youtuberとは一味違ったアメリカ感」溢れる動画を配信していました。

 

メンバーの大学卒業を機に拠点を日本に移し、

現在は日本で生活しながら動画投稿を行っています。

 

ジョージ

カリブラのリーダーでイケメン担当。自称、カリブラの窓口。

身長が161センチしかないのを度々メンバーにネタにされている。

主に動画の企画・編集・進行を行っている。

 

ジロー

カリブラのいじられ担当。最近はよくキレる。

日本に戻ってからメインの撮影はジローの部屋で行われるが、日に日にモノが増えていく事でメンバーに怒られている。

動画の編集もこなす。

 

みの

カリブラの音楽担当。

アフロがトレードマークでサッカーベルギー代表の「フェライニ」とネタにされる。

「ミノタウルス」というバンドで音楽活動も行っておりミノタウルス名義で曲の配信もしている。

大のビートルズオタク。

 

シアトル時代 

英語ペラペラでイケメン

カリブラといえばシアトル在住ということもあり英語が堪能。

そして3人ともイケメンなんです。

 

英語+イケメン

 

ですからそら人気も出ますね。笑

シアトル時代のカリブラは「英語が喋れる」といる自分たちの利点を生かし、

「英語」を題材にした企画を何本も出しています。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

 

他の日本人Youtuberでは出せないこのような動画で人気となりました。

 

過去の炎上

www.youtube.com

そんなカリブラですが、

過去に動画内で間違った英語を教えていたことをPDRに指摘され炎上したことがあります。

www.youtube.com

 本人たちは「英語が喋れることにイキっていた」と話しており、

これ以降、英語を題材とした動画は減少傾向になりました。

 

アメリカ感溢れる動画

カリブラの動画の特徴といえば「アメリカ感」

シアトル在住という利を生かしスケールの大きい企画を生み出していました。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

 

また、現地の人たちに突撃インタビューするアメリカって実際どうなん?」と言う企画。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

この企画はアメリカと日本の文化の違いなんかも垣間見れて、

エンターテイメントとしても楽しめますが単純に勉強にもなる企画ですね。

カリブラはこういった社会派の一面も兼ね備えていました。

 

日本帰国後

拠点を日本へ移す

2017年6月、ジョージとジローがアメリカの大学を卒業するのを機に、

Youtuberとしての活動の拠点をシアトルから日本へ移すことが発表されました。

www.youtube.com

彼らの一番の売りであった「シアトル在住」という特徴が無くなってしまうことで、

今後の活動にどのように影響していくのか注目されていました。

 

当時から彼らのファンだった僕も、

 

「カリブラからアメリカ取ったら特徴なくなるよな〜大丈夫かな〜」 

 

ちょっと心配していました。

実際に日本に帰ってきた直後の彼らの動画は、

「ちょっと方向性が定まってないのかな」と感じる企画も多く、カリブラにとっては試練の時期だったのかもしれません。

 

下ネタ系Youtuberとして開花

そんな彼らですが、帰国して約1ヶ月後のこの企画から徐々に現在のスタイルを確立していきます。

www.youtube.com

なんと酷いタイトルでしょうか。笑

しかしこの企画は再生回数100万回を超える人気動画となっています。

 

この企画を機に彼らは「下ネタ」を題材にした企画を乱立します。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

くだらない。実にくだらないがそこが良い。

 

下ネタ系の企画は視聴者にも人気で、

 

カリブラ=アメリ

 

というイメージを、

 

カリブラ=下ネタ

 

に転換させました。

アメリカ感」という動画の軸を失ったカリブラでしたが、

今や「下ネタ系Youtuber」の地位を確固たるものにしています。

 

 

「下ネタなんて下品!」

 

 

と思ったあなた。正解です。

単純に考えると下ネタばっかり言っていると女性視聴者は離れていきそうなものですが、

カリブラの女性人気は他のYoutuberと比較しても多い方です。

 

(やはりイケメンは下ネタ言っても許されるのか・・・。)

 

今後のグローバルな活躍に期待

元々、シアトル在住というグローバルさが売りだったカリブラ。

日本帰国後も冬季オリンピック聖火ランナーに抜擢されたり、

www.youtube.com

 

ロシアW杯のバドワイザーに選ばれたり、

www.youtube.com

そのグローバルさをさらに拡大し、活動の幅を広げています。

2018年には念願のチャンネル登録者100万人を達成し波に乗るカリブラ。

 

今後のグローバルな活躍にさらに期待したいですね!

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

▽こちらの記事も合わせてどうぞ▽

www.monosuki-meshisuki.com

www.monosuki-meshisuki.com