アイドルが口パクかどうかなんてどうでもいい

f:id:nekokosyan-918:20190226035911j:plain




しばしば取り沙汰される、

アイドルの口パク問題

 

 

 

「あいつらは口パクだ」

「口パクは生歌で勝負してるアーティストに失礼だ」

 

 

 

 

このように、

アイドルの口パクを非難する声は一定数あります。

 

 

 

 

 

 

僕は最近アイドルにハマった人間なのですが、

以前は、

アイドルの口パクには否定的でした。

 

例に漏れず、

 「口パクは生歌で歌ってるアーティストに失礼だ!」 

 と思いながらアイドルたちを見ていました。

 

 

 

 

 

しかし、アイドルに激ハマりしている現在

 

 

「アイドルが口パクかどうかなんてどうでもいい」 

 

 

と思い始めています。

 

僕のこの心境の変化はいかにして起きたか。

 

今回はそんなアイドルの「口パク問題」について 、

アイドルに最近ハマった僕が考察してみたいと思います。

 

 

アイドルに生歌を求めてない

f:id:nekokosyan-918:20190216132656j:plain

結論を言います。

 

僕は、

アイドルに生歌を求めていません。 

 

 

 

そして多くのアイドルファンも、

僕と同じようにアイドルに生歌を求めていないように思います。

 

 

 

じゃあ何を求めているの?

 

 

 

 

ファンは、

アイドルがアイドルでいることを求めているのです。

 

 

 

 

分かり易くいうと、

歌番組でアイドルがパフォーマンスしているのを見て、

 

 

「お、今日の衣装可愛いじゃん!」

 

「◯◯、髪型変えたんだ!」

 

「◯◯、なんか体調悪そうじゃね?」

 

 

 

そんな風にアイドルを見ているんです。

少なくとも僕は。

 

 

 

実際に生で歌っているのかどうか。

 

 

 

そういった事は僕の中ではあまり重要ではなくて、

推しが元気に踊っているのが見られれば満足なんです。

 

アイドルが口パクをする理由

f:id:nekokosyan-918:20190216132745j:plain

ここで、

「なぜアイドルは口パクをするのか」

 理由をいくつか考えてみたいと思います。

 

①マジで下手

まずは単純明快。

 

 

 

「マジで歌が下手だから」

 

 

 

という理由。

 

ももいろクローバーZモーニング娘。といったような、

マジで歌唱力の高いアイドルといった人たちも存在しますが、

 

中には歌が得意では無いアイドルもいます。

 

下手な歌をわざわざ歌番組で披露するよりは、

加工された綺麗な歌声を流した方がマシって事ですね。

 

②番組側の技術的な問題

もう一つは、

 

 

番組サイドがまともな音響設備を持っていない。

 

 

という点もあるそうです。

例えば、

ミュージックステーション」なんかは口パクだけでなく、

演奏もアテフリ(実際には弾いていない)だったりするそうです。

 

生放送で複数のアーティストの機材をセッティングする為の時間も設備もないわけですね。 

 

 

③法律上の問題

あとは「電波法」という法律の問題。

電波法では、

同一空間におけるワイヤレスマイクの使用数に制限があります。

 

つまりグループアイドルが複数出演する番組で、

全員にマイクを持たせて歌わせるのは法律上出来ないということなんです。 

 

④そもそも歌える楽曲じゃない

例えば、

Perfumeなんかはテクノポップのユニットです。

声には当然エフェクトがかかりますし、

プロデュースする中田ヤスタカも口パクを公言しています。

 

 

あとは、

欅坂46のように激しいダンスとフォーメーションチェンジが売りのグループには生歌は厳しい部分もあります。

www.youtube.com

激しいダンス・フォーメーションチェンジが彼女たちの魅力だったりすのですが、

そもそも運営側がアイドルを「歌唱力」で売り出してはいないんです。

 

時代の変化

f:id:nekokosyan-918:20190216132821j:plain

堂々と口パクをするアイドルたち。

ですがそんなアイドルたちは今や若い世代に大人気です。

 

 

 

これは時代の変化でもあります。

 

 

 

思えば、

80年代のアイドルには歌唱力が求められていました。

 

山口百恵中森明菜松田聖子など

 

生放送の歌番組でも生歌を歌っていましたし、

その歌唱力は誰もが認めるものです。

 

 

 

しかし現在は個人としての歌唱力よりも、

 

 

グループとしてのパフォーマンス

ダンスの上手さ・キレ・揃っているか 

グループの世界観

 

 

こういったことが重視される時代です。

グループアイドルが全盛で、

個人で活躍するアイドルがいなくなったのはこういう理由です。

 

時代の変化と共に、

アイドルのあり方も変化してきているんですね。

 

こんな時代では、

 

 

 

イドルが生で歌っているかどうか

 

 

 

そんな事はあまり重要ではないのです。

 

アイドルは歌うべきなのか

f:id:nekokosyan-918:20190216132850j:plain

ここまで考察してきて、

結局、アイドルは歌うべきなのかという話になってくるのですが、

 

 

 

 

結論としては、

歌えるに越したことはない

と思います。

 

 

そりゃ生放送の歌番組でとんでもない歌唱力を披露してくれたり、

超激しいダンスを踊りながらもしっかり歌ってくれたら、

ファンは嬉しいと思います。

(実際にももクロモー娘。はやっている)

 

 

 

でも結局は、

そのアイドルの売りが何なのか

という話だと思うんです。

 

ももクロモー娘。のように生で歌える事なのか

AKBのように実際に会えることなのか

乃木坂のように可愛さや清楚さなのか

欅坂のように独特な世界観なのか

 

 

売り出す側が何を売り出していて、

ファンが何を求めているのかってことに帰結すると思います。

 

 

 

 

僕は僕の応援するアイドルに、

歌唱力は求めてはいません。 

 

 

 

 

 

 

生歌も披露できないアイドルがアーティストを気取るな。

 

 

 

 

という批判がよくあります。

実際にかつては僕もそう思っていました。 

 

 

でもアイドルってアーティストじゃないんですよね。

 

やっぱアイドルはアイドルなんです。

楽しく踊って笑ってるのがアイドルなんです。

 

 

音楽ファンがアイドルの口パクを批判するのは分かります。

でも僕が実際にアイドルファンになって、

 

「そこってあんまり重要じゃないな」

 

という結論に至りました。

今は全力で口パクのアイドルを応援しています。

アイドルって良いですよ。