【乃木坂】斉藤優里さんの卒業発表で残る一期生は12名になった件

f:id:nekokosyan-918:20190326001508j:plain

こんにちは。

乃木坂1期生では秋元真夏斉藤優里推しのねここしゃんです。

 

2019年3月26日、

乃木坂46の一期生、斉藤優里が卒業を発表しました。

「グループの将来を思った時に、私が後輩に見せられるものは全て出し切った」

と卒業の理由を語っています。

 

先日は二期生の伊藤かりんが卒業を発表して、

立て続けの乃木坂46メンバーの卒業・・・。

 

オタクのみなさん・・・息してますか・・・?

 

<合わせて読みたい記事>

www.monosuki-meshisuki.com

 

 

 

 

乃木坂の卒業ラッシュ

2018年から2019年にかけて、

乃木坂46では立て続けに卒業発表がされていて、

「卒業ラッシュ」となっています。

 

2018年には、

川村真洋生駒里奈斎藤ちはる相楽伊織若月佑美能條愛未川後陽菜西野七瀬

 

そして今年に入ってからも、

一期生の衛藤美彩が卒業し、二期生伊藤かりんも卒業を控えています。

そして今回の斉藤優里の卒業発表。

 

実に11名のメンバーが卒業・または卒業予定となっています。

 

もうオタクのメンタルはズタボロです。

 

残る一期生は12名

f:id:nekokosyan-918:20190326012731j:plain

斉藤優里の卒業によって、

乃木坂の礎を築いてきた一期生は残り12名となりました。

 

2018年が始まったときは、

19名の一期生がいたわけですから随分と減ってしまいました。

 

三期生が頼もしく成長して、

四期生という新しい風が吹き込んでいるとはいえ、

やっぱ乃木坂を作ってきた一期生がこんなにも減ったのはシンプルに寂しいですね。

 

「卒業ラッシュ」は止まらない

この「卒業ラッシュ」が止まって欲しい所ですが、

現実問題としてそうはいかなさそうなんです。

一期生の高齢化

f:id:nekokosyan-918:20190326013558j:plain

一期生のみんな、当然ながら歳をとりました。

最年長は二期生ですが新内眞衣で27歳。

エースの白石麻衣も26歳になりました。

 

まだまだ全然若いんですけどね。

しかしアイドルという職業でみると高齢という部類になると思います。 

 

現に今回卒業を発表した斉藤優里も、

「25歳という節目で自分の将来を考える機会が増えた」

とブログで自身の心境を語っていました。

 

24歳〜25歳という年齢は、

アイドルにとって将来を見つめ直すターニングポイントになるのでしょう。

 

卒業が噂されているメンバー

あまり考えたくはありませんが、

近々卒業するのでは・・・と言われているメンバーを紹介します。

白石麻衣

まいやんはずっと卒業間近と言われています。

ファッション界やモデル界での需要も高く、

乃木坂を卒業しても仕事はたくさんあるでしょう。

 

まいやんの卒業は、

乃木坂にとってかなりの痛手でターニングポイントになることは間違いないです。

個人的には四期生がある程度成長するまで卒業は待ってくれ・・・と思っています。

ていうか卒業しないで。

新内眞衣

最年長の新内眞衣も卒業が噂されているメンバー。

理由はやはり年齢的な部分が大きいです。

 

あとはパーソナリティを務めていた「新内眞衣オールナイトニッポン0」が、

4月から「乃木坂46オールナイトニッポン」に昇格し、

番組名から「新内眞衣」の名前が消えたこと。

(新内が卒業しても他のメンバーが番組を続けられるようにするためではと推測されている)

 

井上小百合

一期生の井上小百合も卒業が噂されているメンバー。

先日念願の写真集を発売し、

乃木坂でやることはすべてやったのではと噂されています。

舞台でも多く活躍する彼女ですから、そろそろ卒業するのではと言われています。

 

もうやめて!メンタルがもたないわ! 

止まらない乃木坂46の「卒業ラッシュ」

 

アイドルに卒業は付き物ですが、

ここまで立て続けとなると我々オタクのメンタルはズタボロです。

 

個人的に、

今回卒業発表した斉藤優里は「まだ大丈夫だろ・・・」と思っていました。

ここまで来るともう一期生(二期生も)で誰が卒業を発表してもおかしくない状況。

 

僕も、

いつ来るかわからない卒業発表に怯えながら過ごしています。

まさに「推しは推せるうちに推せ」

 

みなさん、推しは推せるうちに全力で推しておきましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

<合わせて読みたい記事>

www.monosuki-meshisuki.com

www.monosuki-meshisuki.com