日向坂46デビュー曲!「キュン」はアイドルとして実に正しい楽曲だ!

f:id:nekokosyan-918:20190327204344j:plain

 2019年3月27日、

日向坂46のデビューシングル「キュン」がついに発売されました。

 

けやき坂46から念願の改名を果たし、

「日向坂46」として生まれ変わった彼女たちのデビューシングルです。 

 

実に日向坂らしく、

ハッピーオーラで包まれた楽曲に仕上がっています。

 

今回はそんな、

日向坂46デビュー曲「キュン」の感想や考察なんかを書いてみたいと思います。

  

<合わせて読みたい記事>

www.monosuki-meshisuki.com

 

デビューシングル「キュン」

f:id:nekokosyan-918:20190327205025j:plain

3月27日発売の日向坂46のデビューシングル「キュン」

 

CD発売より一足早く、

3月に行われたデビューカウントダウンライブで披露されていましたが、

この時から「なんてアイドルらしい曲なんだ・・・」と思っていました。 

 

まずタイトルが「キュン」ですからね。

ちょっと恥ずかしくなっちゃうようなそんなタイトル。

これぞ ザ・王道アイドルソングといった感じですよね。

 

<合わせて読みたい記事>

www.monosuki-meshisuki.com

 

日向坂46の象徴のような楽曲

f:id:nekokosyan-918:20190327213139j:plain

日向坂46をはじめとする坂道グループにはそれぞれコンセプトがあります。

 

乃木坂46は「清楚なお嬢様のような雰囲気」

欅坂46は「独自の世界観とクールでカッコいい雰囲気」

そして日向坂46は「明るくて元気でハッピーな雰囲気」

 

日向坂46が明るく元気なのは、

彼女たちの冠番組「ひらがな推し」を見れば全て分かります。

この番組に日向坂46の魅力の全てが詰まっていると個人的には思っています。

 

<合わせて読みたい記事>

www.monosuki-meshisuki.com

 

ある意味、

この「明るく元気な」というコンセプトが一番アイドルとして正しく思えます。

 

乃木坂の「清楚でお嬢様」や、

欅坂の「クールでカッコいい」というイメージは、

アイドルとしては異色だった故に世間に受けたのかもしれません。

 

そういう意味でも、

日向坂46は王道のアイドルへと原点回帰したグループなのです。

 

そんな、原点回帰したアイドルのデビュー曲として、

「キュン」はそのタイトルから歌詞から振り付けまで、

全てがふさわしいと言えると思います。

 

歌詞もMVも振りもコールも全てが日向坂

f:id:nekokosyan-918:20190327213216j:plain

Amazonかなんかのレビューで、

「普通のアイドルソングに聞こえた」

というものを見かけました。

 

この感想はある意味正しくて、

「キュン」には激しい振り付けもメッセージ性の強い歌詞も登場しません。

アイドルらしさ全開の王道アイドルソングなのです。

 

キュンキュンキュン キュンどうして キュンキュンキュン キュンどうして
I just fall in love with you
キュンキュンキュン切ない キュンキュンキュン切ない
You know, I can’t stop loving you

 

この歌詞をみて分かりますよね。

活字で見るとちょっと恥ずかしくなっちゃう感じ。

ミュージックビデオで見られる振り付けも、

実にアイドルらしいものに仕上がっています。

 

www.youtube.com

 

また、

この「キュン」には専用のコールと振りがあります。

デビューカウントダウンライブに合わせてメンバー自らよって披露されました。

 

www.youtube.com

 

このデビューカウントダウンライブに行くことが決まっていた僕。

メンバーのコール動画を見て、

「これは恥ずかしいだろ・・・」 

 とぶっちゃけ思いましたが、

実際にこのコールを会場全体でやるとむちゃくちゃ楽しい。

気づいたら夢中で叫んでいました。

何よりメンバーと一緒にライブを作ってる感を味わえて最高の気分でした。

 

王道が逆に新しい

繰り返しになりますが、

日向坂46は王道のアイドルへと原点回帰したグループです。

 

実はこの「王道さ」が、

乃木坂46欅坂46を応援してきた僕にとっては逆に新しくて、

「やっぱアイドルってこうだよな!」

と思わせてくれました。

 

「ひらがな推し」で楽しそうに収録している様子や、

楽しそうに笑顔で歌って踊っている日向坂46を見ていると、

月並みですがこっちも幸せな気分になります。

 

日向坂46は、

そんなハッピーなオーラで包まれているグループなんです。

 

「キュン」はそんなグループのデビュー曲としてとてもふさわしいと言わざるをえません。

 

念願の改名を果たし、3期生の上村ひなのも加入し、

ますます勢いを増す「日向坂46」

乃木坂や欅坂もうかうかしていられないかもしれません。

 

今後の活躍に大いに期待しています。

応援するぞ!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

<合わせて読みたい記事>

www.monosuki-meshisuki.com